プロペシアの購入

プロペシアの入手方法

2005年10月に厚生労働省に認可されたプロペシアは日本国内の病院にて処方してもらうことが可能です。
また個人の輸入代行業者から購入することも出来ます。

 

ではどちらからプロペシアを入手するのがいいのでしょうか?
ここではどのようにしてプロペシアを入手したほうが良いのかを徹底検証いたします。

病院でプロペシアを購入する

病院からプロペシアを入手する最大のメリットはやはり安心・安全であるということでしょう。

 

病院が書く処方箋によるものなので、偽物を掴まされるリスクはなく、本物を安心して入手できるのは大きなメリットといえるでしょう。(プロペシアと称した偽物が世間では出回っています)

 

また専門の医者にAGAの診断及び有意義なアドバイスをしてもらえるのも病院でプロペシアを入手するメリットといえるでしょう。

 

だたし、病院の場合には薬代の他、診療費もかかるため、毎月の負担額が膨張してしまうことがデメリットといえます。

 

具体的には全国の病院で平均的な薬代は一箱28錠で約7,000円〜8,000円の間となっており、そこに診療費等が加わるため実際のプロペシアの購入価格は10,000円〜15,000円になってしまいます。

個人輸入代行業者でプロペシアを購入する

プロペシアは個人輸入代行業者を通じて購入することも出来ます。

 

個人輸入代行業者を利用する最大のメリットはプロペシアを安く購入することが出来るという点でしょう。

 

例えば業界最安値のオオサカ堂のプロペシア(アメリカ版)は一箱28錠で5,539円にて購入することが出来ます。病院で処方されることを考えるとかなりお手頃価格でプロペシアを入手することがわかるでしょう。
(2013年7月8日時点の価格になります)

 

※オオサカ堂が最安値で他の個人輸入代行業者はオオサカ堂の価格プラス1,000円〜3,000円ぐらいとなります。

 

そして毎回病院に通う煩わしさがないのも個人輸入業者からプロペシアを購入するメリットと言えるでしょう。ただし、デメリットももちろんございます。

 

それは信頼出来る業者からプロペシアを購入しないと偽物を買わされる恐れがあるということです。

 

実際にプロペシアは非常に人気のある発毛剤なので偽物も多く出回っているのが現状です。

 

なので個人輸入代行業者から購入する際には信頼に値する業者なのかを慎重に見極める必要があります。

 

ちなみに先ほど紹介したオオサカ堂はプロペシアの成分検査をしており、ホームページ上で成分鑑定書を確認することが可能です。従って安心して利用出来る優良な代行業者の一つといえます。

 

 

>>オオサカ堂でプロペシアを購入したい方はコチラ<<

 

 

病院か個人輸入代行業者か

それではプロペシアを購入する際には病院経由がいいのか個人輸入業者がいいのかどちらなのでしょうか。

 

病院、個人輸入業者のメリット・デメリットがそれぞれあるので断定的にどちらの方がすぐれているという事はいえません。

 

とにかく安全で安心したプロペシアを入手したいと思うのなら病院経由がいいのでしょうが、出来る限り安く入手したいと考えるのなら個人輸入業者を利用するのがいいでしょう。

 

ただ、プロペシアは薬なので副作用の危険性があることも否定できません。

 

なので初めて処方してもらう際は病院を利用し、プロペシア服用についての専門的なアドバイスを受け、副作用がないことを確認した後、個人輸入業者を利用すると言った方法をとるのも一つといえるでしょう。

 

薬を使用する以上その知識についてしっかりと理解を深めておくことはとても大切なことだと言えますので。