プロペシアの効果

AGA治療薬としてのプロペシア

プロペシアは世界で唯一発毛にいたるメカニズムが医学的・科学的に証明されているAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

 

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略語で、日本語では男性型脱毛症といいます

 

その名の通り、男性特有の脱毛症の事で、薄毛や抜け毛に悩む男性のほとんどがAGAと言われています。(その数は日本で1260万人とも言われています)

 

AGAの原因は様々な要因がありますが、その中でも特に男性ホルモンの作用が最も大きいと言われています。

 

具体的には男性ホルモンの一種である「DHT(ジヒドロテストステロン)」がAGAを進行させる最も大きなリスクとして考えられているのです。

 

つまりDHTが大量に発生すると、AGAの症状が進行してくるのです。

 

そのことからDHT(ジヒドロテストステロン)の大量発生を防ぐことがAGA治療の肝であることがわかるでしょう。そしてその発生を防ぐ薬こそがプロペシアなのです。

プロペシアの効果・効能

DHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑制する効果があるプロペシアは主成分がフィナステリドで出来ています。このフィナステリドがDHTの生成を妨げるのです。

 

AGAの進行にとって脅威の存在であるDHT(ジヒドロテストステロンはテストステロンという男性ホルモンが毛包の細胞質にある5αリダクターゼという酵素と作用することにより、生成されます。

 

そしてDHT(ジヒドロテストステロン)の影響により、毛根の細胞分裂が阻害され、健康な髪の毛の成長が阻害されるのです。

 

プロペシアの主成分であるフィナステリドは5αリダクターゼを阻害する効果があり、それによりDHTの発生を抑制するのです。

 

つまりプロペシア(フィナステリド)を服用しDHTの発生を抑制することで健康な髪の毛の成長を支え、結果的に今まで産毛の段階で抜け落ちていた髪の毛が伸びるようになるのです。

 

このようにプロペシアには発毛に至るまでのメカニズムが科学的な根拠によって裏付けられているのです。

 

今まで市販されていた育毛剤が科学的な根拠がないのと比べるといかにプロペシアが優れた育毛剤なのかが分かることでしょう。もちろん市販薬の中でも効果的な育毛剤があるのかもしれません。

 

ただ現状ではプロペシアに勝る育毛剤はないのが現状です。