プロペシアの副作用

プロペシアの副作用

プロペシアは最強の育毛剤として知られている抜け毛防止薬ですが、医薬品である以上、服用には副作用のリスクが付いてきます。

 

いくら効果があるからと言って、安易に服用することは絶対に避けなければなりません。

 

それはプロペシアに限らず全ての医薬品を使用する際に共通することです。

 

なのでプロペシアを使用する際には、正しい用法・容量を守り副作用についての理解を深めておくことが非常に大切になってきます。

プロペシアの具体的副作用

では実際にプロペシア服用する際に考えられる副作用について知っておきましょう。

 

@勃起不全
A精子の減少
B性欲減退
C腹痛
D頭痛
E発疹
F消化不良
G動悸・息切れ
H頭皮のかゆみ

 

この中でもプロペシアの副作用として多いのは勃起不全精子の減少、性欲減退などの症状です。

 

ただし、プロペシアの副作用の発症率は他の薬と比べても低いので
そこまで目くじらを立てて神経質になる必要はないでしょう。

未成年の方や女性はプロペシアを使用しない

医薬品であるプロペシアには確かに副作用があります。しかし、考えられる副作用はどれも軽症なものなので、万が一副作用が出たとしてもすぐに改善されるものがほとんどです。

 

なので基本的にはプロペシアの副作用についてそこまで神経質になる必要はないのですが、プロペシアを服用することにより、肝機能障害が起こる可能性があるとの発表が製薬会社から発表されました。

 

可能性は少ないにしろ、万が一のことを考慮し、肝機能に問題を抱えている人はプロペシアの使用を避けるのが良いでしょう。

 

なおプロペシアはあくまで成年男性のための医薬品です。なので未成年の方や女性は服用してはいけません

 

特に妊婦の方は注意が必要です。妊婦の方が服用したり、錠剤にふれたりしてプロペシアが体内に吸収されると生殖機能に異常が出る男児が生まれる危険性があるので絶対に服用したり、割れた錠剤などをふれることのないよう十分に気をつけましょう。