プロペシアのジェネリック医薬品

プロペシアを安く買うには

プロペシアは、継続して服用しなければ効果がありません

 

プロペシアを飲んでいる間は、抜け毛の原因である男性ホルモンの作用を抑えてくれるために育毛・発毛の働きが活発になります。

 

しかし、服用を止めてしまうと、再び男性ホルモンによって抜け毛が始まってしまうのです。せっかく育った部分の毛も、やがてまた抜け落ちてしまいます。

 

そうならないためには、プロペシアの服用を持続させることが大切です。

 

プロペシアは、服用したおよそ90%の人達が、発毛や育毛などの効果が現れたという結果が出ています。最初の数ヶ月は何も変化がなくても、継続することによって高い効果が現れます。

 

あきらめずに飲み続けることが大事なのです。ただ、プロペシアは、決して安いものではありません。

 

日本の病院を通して手に入れる場合1箱当たり28錠入りで7,000円ほどします。これを長期間続けるとなると、それなりに負担になってきてしまいますよね。しかも定期検診も含めて病院に通うとなると、診察料と合わせて毎月1万円近くかかってしまいます

 

しかし、とっても効果がある良い薬なので継続をしたいという人には、とてもお得な情報があります。プロペシアと同じ効果が得られる「フィンペシア」という医薬品があります。

 

この「フィンペシア」であれば、とっても安価に購入することができます。購入の仕方によって価格の違いはありますが、プロペシアの半額以下で購入が可能です。

 

まとめ買いをすると、もっとお得に購入できる場合がありますので、経済的な負担がうんと減ります。

 

「フィンペシア」は、個人輸入代行をしてくれるショップなどで購入することができますよ。プロペシアと成分も効果も変わらないのに、半額以下で購入できる「フィンペシア」は、抜け毛に悩む人達にとっての救世主ですね。

フィンペシアの効能と副作用

「フィンペシア」の価格の安さを知った人は、喜びと同時に「本当に効果があるの?」「安全なの?」と疑ってしまうかもしれませんね。

 

フィンペシアは、プロペシアと同じ主成分でできています。主成分は「フィナステリド」という成分ですが、その含有量も同じなので、プロペシアと同じ効果が期待することができるので安心です。

 

「フィンペシア」は、飲む育毛剤としてAGA(男性型脱毛症)の治療に効果があります。AGAによる抜け毛を予防し、育毛・発毛に期待ができます。「フィンペシア」も、プロペシアと同じ錠剤タイプなので、服用の仕方も同じです。

 

ただ「フィンペシア」の方が、多少錠剤が小さいので、飲みやすいかもしれませんね。「フィンペシア」の安さの秘密は、ジェネリック医薬品だからなのです。ジェネリック医薬品とは、先発品と別のメーカーが、同じ成分を使用して製造販売をする薬品のことです。

 

先発品のような研究費や開発費がかからない分、低価格が実現するのです。

 

「フィンペシア」は、プロペシアと同様の効果が得られる分、副作用も同じように存在します。勃起不全や性欲の減退に加え、胃の不快感やめまいなどの症状がある場合もあります。

 

ただしプロペシアと同じように、発症する人はほんの一部なようで、全体のおおそ2%程度にとどまっています。症状も軽症なケースがほとんどなので、大多数の人は副作用を感じないまま継続することができるでしょう。

プロペシアとフィンペシアの違い

プロペシアとフィンペシアの違いですが、まずは開発した会社が異なります。

 

プロペシアはアメリカのメルク社が開発した先発品で、フィンペシアはインドのシプラ社が製造販売をしている後発品です。プロペシアは厚生労働省から認可をされている医薬品ですが、フィンペシアは認可されていません。

 

そのためにプロペシアは医師からの処方で購入できますが、フィンペシアは個人輸入でしか手に入れることができません

 

成分は、同じ成分を同じ量使用しているものなので、違いがありません。ただし錠剤のサイズが異なります。フィンペシアの方が、プロペシアよりも一回り小さいです。そのために、フィンペシアの方が効果が少ないと勘違いしてしまう人もいるようです。

 

AGA(男性型脱毛症)に対する効果の違いですが、成分が一緒なので、正直あまり違いがありません

 

効果も、もともと個人差があるものなので、どちらが良い悪いという評価が下しにくいのが現状です。

 

フィンペシア服用者は、プロペシアも服用したことがある人が多いのですが、「プロペシアの方が効果が強く感じられた」、「フィンペシアに変えてから効果が現れた」など感想はさまざまです。

 

ではプロペシアとフィンペシアの大きな違いはというと、やはり価格です。

 

プロペシアに比べると、フィンペシアは半額以下の価格で購入することができます。唯一の違いは、価格面だと思います。

 

>>フィンペシアを購入したい方はコチラ