エフペシア

エフペシアとは

エフペシアとはフィンペシアを販売しているインドの大手製薬会社シプラ社によってプロペシアのジェネリック薬としてリリースされた飲むAGA治療薬です。

 

エフペシアの主成分はプロペシアと同じくフィナステリドとなっており、
服用することにより抜け毛を予防し、髪の毛の成長を促す効果があります。

 

※詳しい効果効能については「プロペシアの効果」をご参照ください。

 

プロペシアのジェネリック薬であるフィンペシアを販売しているシプラ社から
同じようにプロペシアのジェネリック薬であるエフペシアが発売されたわけです。

 

当然の事だと思いますが、ここで一つの疑問点が湧いてくるのではないでしょうか。

 

エフペシアとフィンペシアとの違いは一体何なんだと。

 

双方ともプロペシアのジェネリック薬として同じ効能があるのに
なぜ別名で発売されているのかはやはり気になるところですよね。

エフペシアとフィンペシアの違い

ともにプロペシアのジェネリック薬であり同じ製薬会社から発売されたエフペシアとフィンペシア。

 

その違いは一体何なのでしょうか?

 

一番の違いはフィンペシアに含まれている
キノリンイエローという着色剤(コーティング剤)がエフペシアには含まれていないということでしょう。

 

フィンペシアに含まれるキノリンイエローという着色剤については
安全性の面からなるべく摂取したくないという人がいます。

 

キノリンイエローが人体に及ぼす影響についてはまだ詳しい検証はされていませんが、
添加物である以上、その安全性について疑問視する人が表れ、
フィンペシア離れをする人が出てきたのです。

 

「やはりAGA治療薬の王道であり抜群の信頼性があるプロペシアが一番だ」

 

フィンペシアを使用していた人達がこのように考え直し始めたのです。

 

そこでより高い安全性を求める顧客のニーズに応えるためにエフペシアは発売されるに至ります。

 

従ってエフペシアとフィンペシアの違いは
「キノリンイエローが含まれるか否か」という点に集約することが出来るといえます。

 

他の成分についてはエフペシアとフィンペシアはほぼ同じです。

 

またあえてエフペシアとフィンペシアを違いを挙げるとしたら
価格の違いと実績の有無を挙げることが出来るでしょう。

 

エフペシアは1箱100錠2,556円なのに対してフィンペシアは1箱100錠2,365円となっています。

 

ここからフィンペシアの方がエフペシアより一錠あたり約2円安いことがわかります。
※平成25年3月5日オオサカ堂の価格表より

 

実績についても違いがあると言えます。
フィンペシアは発売されてからある程度の期間が経過しており、
多くの使用者によりその高い効果についての体験談が発表されていますが、
エフペシアはまだ発売されてから間もないので体験談等は現状あまり多くありません。

 

もちろん同じシプラ社が発売しているので、
その効果はフィンペシアと同じといっても良いと思うのですが、気になる方は気になるところですよね。

 

このような違いがエフペシアとフィンペシアにはあるのです。

エフペシアとフィンペシアどちらを通販すべきなのか

それではエフペシアとフィンペシアはどちらを通販で買うべきなの?

 

このような疑問が当然湧いてきますよね。
どちらを通販すべきかは購入者の目的によって違ってくると思います。

 

少しでも安いプロペシアのジェネリック薬を探している。

実績があり体験談や口コミが豊富な商品を購入したい。

 

このような方はフィンペシアがおすすめです。

 

それに対して、

 

キノリンイエローみたいな着色剤に対して抵抗感を感じる。

今世間で大注目されている最新のAGA治療薬を購入したい。

 

という方はエフペシアがおすすめです。

 

従って「自分の目的は何なのか」という観点から
素直に商品選びをするのが一番良いのではないでしょうか。

 

 

>>エフペシアを通販したい方はコチラ

 

 

 

>>フィンペシアを通販したい方はコチラ